« 2016/11/25 サークル定例会 | トップページ | 2016/12/9 サークル定例会 »

2016/12/2 サークル定例会

*「シルバーバーチは語る」21章 霊界でも祝うクリスマスとイースターP374~P378
*資料 ニューズレター19号 霊的身体とチャクラについての誤解(1)
*お知らせ 次回のサークル  12/9   1/13   1/27  14:00~16:00 
(サークル参加者の新規募集は致しておりません。希望される方は当サークルが運営しております北神戸シルバーバーチ読書会へのご参加をお願いします。)
 <感想>
●今日は肉体の死と幽体の死の違いについて学びました。肉体の死は変化であり、幽質網胞を捨て去り新しい幽質物質に場を譲っていくプロセスで起きる変化です。また、霊体と肉体を接合する幽質接合体という存在を知りました。

●霊界でもクリスマスとイースターを祝う事があり、年2回の高級霊界での大集会にシルバーバーチが参加するという事、地上の世界にも通じるものがあり、知れば知るほどに霊界が近くなるような気がします。このような知識の学びも色々な広がりがあります。ありがとうございました。

●霊界と西洋や日本の行事、(クリスマスやイースター冬至など)が、繋がっていて、それぞれの場所でそれぞれの人たちが太陽や自然を感じていた証拠だなあ、と思いました。あと、幽体などのお勉強をすることで、自分が死んでから混乱せず死んだと認めれそうです。だからこそ、今生きている時間を大切にしたいと思いました。

●5月と12月は太陽の影響力を受け生命の息吹を感じインスピレーションを多く受ける時期だと教わりました。肉体、幽体、霊体、幽質接合体を理解しました。

●地球も人も全ては自然法則に基づいていることがわかりました。スピリチュアリズムはイエスを中心とした審議会での計画だということもわかりました。もうじきクリスマスですが大霊のインスピレーションをふんだんに味わいたいと思います。

« 2016/11/25 サークル定例会 | トップページ | 2016/12/9 サークル定例会 »

無料ブログはココログ