« シルバーバーチ読書会のお知らせ | トップページ | 2015/12/4 読書会記録 »

2015/11/20 読書会記録

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第5章 絶対的摂理の存在P91~P96
*参考資料 ニューズレター28
号人間の霊的成長を支配する神の摂理(法則)(4)  人間は永遠に生きる(大空澄人様より寄贈)

 
*お知らせ 次回のサークル読書会12/4 13:30~15:30
12月は第1、第3金曜日です。
         通常の読書会は任意の金曜・・・メールにてお問い合わせ下さい。

<参加者の感想>
●人間の霊的進化の道を歩むことにおいて、自由意志が与えられていることに驚きました。光と闇、善と悪、どちらを選択するかはそれぞれの自由だということです。神の愛ではあるが、ある意味厳しいことだと思います。大霊の定めた摂理の範囲内で律しないといけないからです。

●自由意志が与えられようとも摂理に反した行いは代償を払うということを肝に銘じます。摂理が全てなのだと思います。

●自由意志を人間に与えられているものの何事も摂理に則って計画し、それに反することのないようにしなければならないという認識がないと霊性の進化は得られないということが良くわかりました。愛と奉仕で霊的資質を発揮させていきたいです。

●霊的真理の勉強をさせて頂き大霊の摂理を知ることにより調和した生活ができるように、また、摂理に従って正しい方向に進めるよう、日々生活していきたいと思います。ありがとうございます。

●魂の痛みのどん底にまで落ちると霊的に目覚め自動的に摂理の方向にむかうようになる、と書いてあって、どん底とは、どこかわからないけど、自動的に摂理の方向に向かっている自分だったらいいな、と自分自身を楽観しました。

« シルバーバーチ読書会のお知らせ | トップページ | 2015/12/4 読書会記録 »

無料ブログはココログ