シルバーバーチ読書会のお知らせ

北神戸シルバーバーチ読書会のお誘い

 

神戸市北区鈴蘭台の神戸北区民センターにて読書会を開いております。

日時:毎月第三金曜日10時~12時

参加費:無料

持ち物シルバーバーチの教え

     スピリチュアリズム入門 (スピリチュアリズム普及会版)   

霊的真理について一緒に勉強します。

お問い合わせはこのページ右上のメール送信にて連絡下さい。

読書会のホームページ北神戸シルバーバーチ読書会

********************************************************

2016年9月 北神戸シルバーバーチ読書会を神戸市北区で開きました。

2016年9月 シルバーバーチぷちサークルに名称を変更し、理解を深めるために固定メンバーでの勉強会としました。

************************

2015年10月 サークル名を シルバーバーチ神戸北ぷちサークル に変更しました。

************************

2014年9月 シルバーバーチ神戸北ぷち読書会を発足しました。

************************

2017年10月 サークル定例会

*「シルバーバーチは語る」第9章 キリスト教のどこが間違っているのかP146~P151
*資料 ニューズレター3号  利他愛の実践 (3)(4)
*次回のサークル  11/10 小豆島にて開催 
 北神戸シルバーバーチ読書会11/17  10:00~
 <感想>
●それぞれが大霊の奉仕者としての自覚を持ちお互いを奉仕し合い、平和と幸せのため活動できるレベルに達することができるようになって欲しいと思います。
●大自然の絶対的摂理、法則が徐々にわかるようになってきたような気がしています。実践的な勉強ができました。
●私たちもあなた方も皆大霊への奉仕者です、とのことですが、私たちも奉仕できるように頑張りたいと思います。
●正しい霊的真理を学び、自分を役立てることができるよう務めたいと思います。ありがとうございました。

2017 9月サークル定例会

*「シルバーバーチは語る」第9章 キリスト教のどこが間違っているのかP144~P146
*資料 ニューズレター3号  利他愛の実践 (1)(2)
*お知らせ 次回のサークル  10/6  10/20   14:00~16:00 
 <感想>
●戦争について永遠の平和を得るには自然んい基づいて永遠の原理に基づいた手段を用いるしかない、という事。私が出来ることは愛を正しく用いることが出来る人を一人でも増やす事に努めなければ、と思います。
●人間が殺意を抱いたとき、瞬時にその人間の周りに同じ思いを抱えた自縛霊を引きつけるそうです。大変恐いことです。私は、逆に大きな愛を持つことで同じ愛に燃える高級霊を引きつけたいと思いました。
●ここに今、危なくなっている世界情勢の答えがある。「すべての問題を愛の精神で解決するようになれば地上世界は平和になります」=制裁を解いて貧しい人たちに援助をする。「最初の段階で永遠の原理に基づいた手段を用いていれば今日のような難題は生じなかったはずです」本当に世界でも身近でも当てはまる原理で、そうやって生きていきたいと強く思いました。
●今世界中で戦争内戦が起こり平和からはほど遠いです。いつか愛の精神で平和が訪れる日が来ることを願います。利他愛の精神を常に忘れずエゴ的な心を持たない様に努力していきたいです。
●戦争はしてはならないこと、これは誰もがわかっていることだと思うのですが、悲惨な戦争体験を語り継がなくても良いのでは。(これは今回勉強したことは関係なく、私が日頃新聞等で見て感じること)戦争自体 庶民がすることではなく 政策なので、打つ手がないです。

2017/ 7/7 7/14 サークル定例会

*「シルバーバーチは語る」18章 P296~P304
*資料 ニューズレター3号 スピリチュアリズムから見た新新宗教(1)(2)
*お知らせ 次回のサークル  9/8  9/15   14:00~16:00 
(現在 サークルメンバーの新規募集は致しておりません。
当サークルが運営しております北神戸シルバーバーチ読書会へのご参加をお願いします。)
 <感想>
(2回分まとめての感想です)
●霊的な真理普及は、何千年もかかる事であり、私自身が今できることは、霊界の人々が私たち地球人を愛する姿勢を習い利他愛を実践し、肉体的思いや感情をコントロールする努力に努めたいと思いました。
●大霊の子は全て平等 比較などできません。霊主肉従の努力をし、自分をコントロールして利他愛を実践すれば平和になれるのですね。中々難しいですが。

●魂を成長させるために利他愛の実践が不可欠ですが、中々実行するのは難しいです。自分が愛だと思っている恋愛や家族愛は実は本能がさせていることであり、本当の愛ではないからです。この世の中で本当の愛を知り実行できている人はどれだけいるのでしょうか。利己愛を愛だと勘違いでずに利他愛を実践できる様に努力したいと思います。

●利他愛は本能をおさえ、全ての人を霊的に愛することだと思います。実行する決意を持ってひるむことなく勇気を持って利他愛を実践していきたいです。

2017/6/2  6/16 サークル定例会

*「シルバーバーチは語る」18章 霊界側から見た戦争P294~P296
*資料 ニューズレター2号 ニューエイジも新・新宗教もスピリチュアリズムを超えるものではありません(7)( 8)
*お知らせ 次回のサークル  7/7  7/14   14:00~16:00 
(現在 サークルメンバーの新規募集は致しておりません。
当サークルが運営しております北神戸シルバーバーチ読書会へのご参加をお願いします。)
 <感想>
(2回分まとめての感想です)
●戦争の害悪について、何としても阻止しないといけない事が分かりました。今のスピリチュアリズムはヒーリングで働きかけるということ、自分のできる事にベストを尽くしたいです。

●地上人類は全て大霊の子、いわゆる人は平等であるということを理解します。

●苦しみに囚われず、常に上から臨めば小さなものと位置づける事ができ、困難に正しく対処できる事ができるということを学びました。広い視野を持ちたいと思います。

●戦争をすることで、自縛霊が増えている現状ですから、その自縛霊を救うために霊界の救済が大規模に行われていることが分かりました。世界は、絶えず戦争をしています。本当に砂粒ほどの貢献しか出来ませんが、私もできる限り霊的真理を広めることで、将来日本が戦争しなくてすむ、世界が平和になるよう、尽力したいです。

2017/5/12 5/19 サークル定例会

*「シルバーバーチは語る」20章 青年牧師との論争P357~P369
*資料 ニューズレター2号 ニューエイジも新・新宗教もスピリチュアリズムを超えるものではありません(5)( 6)
*お知らせ 次回のサークル  6/2  6/16   14:00~16:00 
(サークル参加者の新規募集は致しておりません。
希望される方は当サークルが運営しております北神戸シルバーバーチ読書会
へのご参加をお願いします。)
 <感想>
(5/12は議論が白熱して時間切れ、2日分まとめての感想です)
●地上の世界は苦難があってこそ霊的成長が得られるので、いかなる事があっても広い心で見れるよう、また正しい対処ができるよう進んでいきたいと思います。

●やっとこの章が終わりました。一個の神と一冊の書物に閉じ込めようとする宗教は間違っていると、スピリチュアリストというものは、、広い心で見る立場ができる人ということを学びました。

●人は苦しみや困難を避けたいと願うものですが、スピリチュアリズムの教えからズレたものであり、霊的真理を学び、苦しみが高いところから見下ろせるようになる事が生きる上で大切だと分かりました。自分の成長にとって必要なもの、過去に犯した摂理違反に対する償いとして困難が生じるのならそれは善いものとして受け止めたいと思います。

●今日学んだニューズレター2号の地上での苦しみの意義のところ、普段葛藤しているモヤモヤが、ハッキリと整理されて書かれていて、どう思いどうすればいいかを示してくれていました。シルバーバーチを勉強して良かったと思います。相手を高くて広い心から見ることが利他愛の実践だということも分かりました。

●シルバーバーチはキリスト教の牧師に、戦争、不正行為、飢餓、貧困、失業に知らぬ不利している限り、キリスト教は失敗でありイエスを模範としていないと強烈に批判しております。私も、少しでも神の子に奉仕しなければ、知らぬふりをしている自分を恥ずかしく思いました。

2017/04/28 サークル定例会

*「シルバーバーチは語る」20章 青年牧師との論争P348~P357
*資料 ニューズレター2号 ニューエイジも新・新宗教もスピリチュアリズムを超えるものではありません(4)
*お知らせ 次回のサークル  5/12  5/19   14:00~16:00 
(サークル参加者の新規募集は致しておりません。
希望される方は当サークルが運営しております北神戸シルバーバーチ読書会
へのご参加をお願いします。)
 <感想>
●スピリチュアリズムは、本能に蓋をせず、霊優位のための自己コントロールが出来るという事、ここが他の宗教との大きな違いであります。霊的真理に気づきのある私たちは足合わせです。一人でも多くの方に気づきががあるよう日々努めたいと思います。ありがとうございました。

●自分に与えられた苦は霊界側からの試練であり、乗り越えられるものとして行動するようにします。又、人間は霊的に成長することを目的としてこの世に生まれてきているので、本能を否定しない考えを持っても良いと理解します。

●人は苦しみや困難を避けたいと思うものですが、シルバーバーチは「苦しみは避けてはいけません。ありがたいものとして受け入れなさい」と言っています。人が成長するためには、苦しみは不可欠であり、すべての困難を受け入れ、そこから学べる様に心掛けたいと思います。

●気を抜くと、霊的真理を忘れて、あれこれ辛くなることがあるけど、慣れるまで一日のうち定期的に、強制的に思い出して、霊優位にいられるよう、次の勉強までやってきたいと思わせる、今日のお勉強会でした。

●シルバーバーチが語る神とは、善いことにも悪いことにも宿っている、全てのものに宿る神です。私たちも未熟な神の分霊であることには、代わり有りません。そのことに自信を持って、より霊性を発揮できるようにしたいと思います。

2017/04/21 サークル定例会

*「シルバーバーチは語る」20章 青年牧師との論争P343~P348
*資料 ニューズレター2号 ニューエイジも新・新宗教もスピリチュアリズムを超えるものではありません(3)
*お知らせ 次回のサークル   4/28  5/12  5/26   6/2  6/16   14:00~16:00 
(サークル参加者の新規募集は致しておりません。
希望される方は当サークルが運営しております北神戸シルバーバーチ読書会
へのご参加をお願いします。)
 <感想>
●霊的現象に対する正しい姿勢、見識を身につけ、常に大霊の法律を念頭において日々生活できるよう努めたいと思います。ありがとうございました。

●苦の試練を受けてこそ、神の摂理が理解できるのだということがわかりました。大霊の法則が全てであって、自分で蒔いたものは刈り取らねばならない事実です。

●人は他人の内部の苦しみを見抜く力っはありませんが、それぞれ内奥では苦しみを、抱えており、自分が蒔いたものを刈り取るという法則から免れることはできません。しかし、苦しみや痛みは私たちが克服するための方法を学ぶために必要だとわかりました。

●今日は午前、午後とシルバーバーチ三昧で幸せでした。霊界での自殺した人のその後などがわかり、何よりもためになりました。

2017/03/17 サークル定例会

*「シルバーバーチは語る」20章 青年牧師との論争P336~P343
*資料 ニューズレター2号 ニューエイジも新・新宗教もスピリチュアリズムを超えるものではありません(2)
*お知らせ 次回のサークル    4/21  4/28  5/12  5/26   6/2  6/16   14:00~16:00 
(サークル参加者の新規募集は致しておりません。
希望される方は当サークルが運営しております北神戸シルバーバーチ読書会
へのご参加をお願いします。)
 <感想>
●霊的真理を知らないと、キリストのことや現在ではそれが正しいとされていることの本当のことが分からないということです。正しい真理を一人でも多くの方に伝えることができるように務めたいと思います。ありがとうございました。

●今日は、イエスが神の子であるかそうでないかの牧師とシルバーバーチの問答を読みました。昔からの教えにより、神の子だと主張する牧師と否定するシルバーバーチのやり取りは興味深かったです。経典に縛られる事なく、本来すべき事(人へ与えること、愛情)に集中するのが大切だと分かりました。

●信じる者は救われるということですかね。魂を束縛するものは捨てねばならないですね

●イエスは神の子としてではなく、地上に降誕した偉大な霊能者だったという真実を知りました。イエスと見本として生きたいです。

2017/03/03 サークル定例会

*「シルバーバーチは語る」20章 青年牧師との論争P328~P336
*資料 ニューズレター2号 ニューエイジも新・新宗教もスピリチュアリズムを超えるものではありません(1)
*お知らせ 次回のサークル    3/17   14:00~16:00 
(サークル参加者の新規募集は致しておりません。
希望される方は当サークルが運営しております北神戸シルバーバーチ読書会
へのご参加をお願いします。)
 <感想>
●今日は、他の宗教について勉強しました。霊的真理を学ぶと、他のものとの違いがわかり地上人生において魂の成長を伝えるためには苦しみや困難が必要である事、利他愛の実践に努めたいと思います。ありがとうございました。

●自分たちより劣る民族に対しておこなう残虐行為は神に対する最大級の罪の一つ、という事実を心しました。

●今までニューエイジという言葉は知らなかったけど、世界に影響を与えていたことを知りました。私もそれなりに影響を受けつつ生きてきたとは思うけど、シルバーバーチにピンとこれて良かったです。ますます、ピンと気続けて生きていきたいです。よろしくです。

●ニューエイジなど、スピリチュアルを趣味と捉えている方は多いですが、本当は、霊界からの人類を救済するための運動です。正しい普及ができますように。

2017/02/24 サークル定例会

*「シルバーバーチは語る」19章 再生(生まれ変わり)P323~P326
*資料 ニューズレター1号 スピリチュアリズムは学問ではありません(2)
*お知らせ 次回のサークル    3/3   3/17  14:00~16:00 
(サークル参加者の新規募集は致しておりません。
希望される方は当サークルが運営しております北神戸シルバーバーチ読書会
へのご参加をお願いします。)
 <感想>
●今、霊的真理の学びをしていますが、死後存続の事実は霊的探求の終着駅ではないという事。ほんとうの意味での「生きる」ということがスタートするという事がわかり、自分のすべきことが、まだまだあります。日常での霊的実践である霊優位のための自己コントロールができるよう、日々務めたいと思います。ありがとうございました。

●霊的実践において大切な霊主肉従の努力。苦しみへの正しい対処。`利他愛`の実践、霊的世界とのストレートな交わりを、自分が行う事ができているか考えた時、知識ばかりで行動にはなかなかうつせていない事を反省しました。常に自分の行動が霊的視点から見て正しいのか意識しながら日々を送りたいと思います。

●死んだら罪悪感が増大する・・・のはほんとうにつらいだろうと思うので、せめてこれからは悪いことをしないようにと本気で決意。私の人生の一大目標、テーマともいえる、時間を無駄にしたくない!!が、高級霊訓に示される実践的内容①霊優位のための自己コントロールと同じ形だな!と嬉しくなると同時に、こういう崇高な意義もあるんだ!、と素晴らしい動機付けになり、見習いたい、と思います。

●今回も魂の進化、成長、学び、大霊が完全なものだということを思いました。私にとっては利他愛の実践が目標です。

●死後存続の事実は霊的探求の終着駅ではなく、そこから始まる、という言葉が胸に響きました。ほんとうの意味での「生きる」ことができ、その知識にふさわしい振る舞いをしたいと思いました。

2017/01/27 , 02/10 サークル定例会

*「シルバーバーチは語る」19章 再生(生まれ変わり)P312~P323
*資料 ニューズレター1号 スピリチュアリズムは学問ではありません(1)
*お知らせ 次回のサークル    2/24   3/3   3/17  14:00~16:00 
(サークル参加者の新規募集は致しておりません。希望される方は当サークルが運営しております北神戸シルバーバーチ読書会へのご参加をお願いします。)
 
*1月27日定例会は、メンバーの欠席が相次ぎ中止。参加者での座談会となりました。
 <感想 2/10分>
●私たちが考える幸せと、大霊の考える幸せでは全く異なることを知りました。「愛する者と死後も永遠に一緒にいたい」と考える私たちと、愛とは特定の人たちだけに向けられたものだけではなく、「全ての人を愛する人類愛」生きるという事は、苦難と試練が続きますが、神性を磨きたいと思います。

●霊のとほうもない無限さを痛感しました。常に高いものを目指して努力できれば幸いなのですが、現実には、まだまだ難しいようです。

●真の幸福というものは、今より少しでも高いものを目指して努力するところにある。日常生活する中で、自問自答しながら務めていきたいと思います。ありがとうございます。

●真の幸福というものは、今より少しでも高いものを目指して努力すること、このシルバーバーチの言葉は自分の思い通りになることが幸せだという私たちの幸福とはかけ離れています。シルバーバーチの説く、正しい幸福のもと、人生を歩みたいです。

2017/01/13 サークル定例会

*「シルバーバーチは語る」19章 再生(生まれ変わり)P312~P315
*新年会
*お知らせ 次回のサークル    1/27  2/10  14:00~16:00 
(サークル参加者の新規募集は致しておりません。希望される方は当サークルが運営しております北神戸シルバーバーチ読書会へのご参加をお願いします。)
メンバー5名で今年の抱負を語りました。
本年もどうぞ、よろしくお願いします。

2016/12/9 サークル定例会

*「シルバーバーチは語る」21章 霊界でも祝うクリスマスとイースターP378~P383
*お知らせ 次回のサークル    1/13   1/27  14:00~16:00 
(サークル参加者の新規募集は致しておりません。希望される方は当サークルが運営しております北神戸シルバーバーチ読書会へのご参加をお願いします。)
 <感想>
●「シルバーバーチ子供と語る」頁は一年の締めくくりとして心に留めるぴったりの文面でした。最近は肉をなるべく食べないようにしていますが、動物を食べなくても生きていけるようにならないと駄目なのですね。

●今日は今年最後の読書会でした。途中雷が鳴ったりアラレが降ったり不思議な天気でした。一年の総まとめとして大霊からのメッセージだったと思います。(その後美しい青空が見えました)まだまだ道具として未熟ですが、少しでも霊性を高くして来年も学んでいきたいと思います。一年間お疲れ様でした。来年もよろしくお願いします。

●今日は一年を締めくくるに相応しい内容のお話で、勉強させて頂きました。全てが導きの元にあり、一人でも多くの方に霊的真理がお伝えできればと思います。ありがとうございました。

●今日も見えない世界の色々なことが(指導霊、天界での大審議会、妖精、自然霊など)知れて良かったです。霊界では生命が溢れていてお腹はすかず、疲れたら生命を吸い込めば良い・・というのも良かったです。そして「天国は人間が幸せな気持ちでいる時にその人の心の中にあるのですよ」というシルバーバーチの言葉も良かったです。メンバーの「自然だけが尊敬できる」という発言も良かったです。

●童子のごとき素直な心で世界を見透すことができたら、この世は愛に満ちた天国になると思います。今年最後の読書会に、ヒョウと雷雨がほんのつかの間に降りました。とても美しく、霊界からの労いのプレゼントだと思い嬉しくなりました。来年も頑張りたいです。

2016/12/2 サークル定例会

*「シルバーバーチは語る」21章 霊界でも祝うクリスマスとイースターP374~P378
*資料 ニューズレター19号 霊的身体とチャクラについての誤解(1)
*お知らせ 次回のサークル  12/9   1/13   1/27  14:00~16:00 
(サークル参加者の新規募集は致しておりません。希望される方は当サークルが運営しております北神戸シルバーバーチ読書会へのご参加をお願いします。)
 <感想>
●今日は肉体の死と幽体の死の違いについて学びました。肉体の死は変化であり、幽質網胞を捨て去り新しい幽質物質に場を譲っていくプロセスで起きる変化です。また、霊体と肉体を接合する幽質接合体という存在を知りました。

●霊界でもクリスマスとイースターを祝う事があり、年2回の高級霊界での大集会にシルバーバーチが参加するという事、地上の世界にも通じるものがあり、知れば知るほどに霊界が近くなるような気がします。このような知識の学びも色々な広がりがあります。ありがとうございました。

●霊界と西洋や日本の行事、(クリスマスやイースター冬至など)が、繋がっていて、それぞれの場所でそれぞれの人たちが太陽や自然を感じていた証拠だなあ、と思いました。あと、幽体などのお勉強をすることで、自分が死んでから混乱せず死んだと認めれそうです。だからこそ、今生きている時間を大切にしたいと思いました。

●5月と12月は太陽の影響力を受け生命の息吹を感じインスピレーションを多く受ける時期だと教わりました。肉体、幽体、霊体、幽質接合体を理解しました。

●地球も人も全ては自然法則に基づいていることがわかりました。スピリチュアリズムはイエスを中心とした審議会での計画だということもわかりました。もうじきクリスマスですが大霊のインスピレーションをふんだんに味わいたいと思います。

2016/11/25 サークル定例会

*「シルバーバーチは語る」21章 霊界でも祝うクリスマスとイースターP372~P374
*資料 ニューズレター4号 スピリチュアリズム実践の神髄”道具意識”(4)
*お知らせ 次回のサークル12/2  12/9 14:00~16:00 
(サークル参加者の新規募集は致しておりません。希望される方は当サークルが運営しております北神戸シルバーバーチ読書会へのご参加をお願いします。)
 <感想>
●今日は霊界に行った時の幽体とか霊界とかの詳しい法則を知りました。何も知らなかったら死は恐怖でしかないけれど、知るとその時が来そうになったらそれなりに覚悟ができそうで役に立ちそうです^^

●スピリチュアリズムを学ぶ中で、大切な道具意識について学びました。「自分は道具である。ただ使ってもらう立場である」という意識を忘れず純粋で深い謙虚さを常に持てるよう努めたいと思います。ありがとうございました。

●シルバーバーチの教えが他の宗教やニューエイジと異なる点は知識の多さや能力の高さが求められていない事です。大切なのは、道具意識に立った謙虚さであり、人に教える立場、人の上に立っても己を優れていると考えるのではなく、常に謙虚でいる事です。これは大変難しいと思いますが常に忘れないようにしたいです。

●シルバーバーチの住む世界は目の眩まんばかりの高貴を放っているスピリットたちの世界だそうです。そんな美しい世界から、わざわざダブルを使って低いバイブレーションの地球に来て霊的真理を人類愛から説いて下さったことに感謝の念がたえません。大霊の愛がほんとうに暖かいです。

●霊界の交わる人々は趣味も性分も相通じる人ばかりの世界とは、どんなに幸せなものか想像しただけでもため息がでます。道具意識はまだ持たない私ですが、謙虚に生きようと思います

2016/11/4 サークル定例会

*「シルバーバーチは語る」17章 スピリチュアリズムの第一線で働く人々への励ましのメッセージ 国際スピリチュアリスト連盟の総会へのメッセージ
*資料 ニューズレター4号 スピリチュアリズム実践の神髄”道具意識”(3)
*お知らせ 次回のサークル11/25  12/2 12/9 13:00~15:00 
(サークル参加者の新規募集は致しておりません。希望される方は当サークルが運営しております北神戸シルバーバーチ読書会へのご参加をお願いします。)
 <感想>
●自分の心に「純粋な道具意識を確立すること」が心を高め「自己の魂の成長、救いと人々への救済が一致し、同時進行していく」という真理に心を打たれました。無理に伝導や救済をしようと気負わなくても、自分が成長するごとに自然にそういう機会を与えられると知りました。

●道具意識って持ちました!というと、人を勧誘していくことだというイメージだったけれど、霊界を知って自分の魂の成長をすると、霊界が進めていってくれることを知り、こわがらず道具意識を持っている!と自覚して、生きていって、いい世界になること、伝わっていくことを祈っておきます。実生活に超役立つ今日のお勉強でした。

●スピリチュアリズムを学んでいく中で、自分の心に純粋な道具意識を確立することが、結果的に自分の心を高めることになるという事、自分の力で一人でも多くの人に真理を分からせようと、考える事なく、高級霊を信頼し、委ね、精一杯に進んでいけるよう努めたいと思います。ありがとうございます。

●信じるには大霊、人間を頼りにしない「道具意識」という、今までの生活の中では考えもおよばなかった言葉、今後意識していこうと思いました。

●今の地上界も争いごとと、敵意と不和に満ちあふれておりますが、私たちには背後に霊界の援助を受けています。霊的真理普及の種を蒔いていこうと思います。

2016/10/28 サークル定例会

*「シルバーバーチは語る」17章 スピリチュアリズムの第一線で働く人々への励ましのメッセージ ウイックランド博士へのメッセージ
*資料 ニューズレター4号 スピリチュアリズム実践の神髄”道具意識”(2)
*お知らせ 次回のサークル11/4  13:00~15:00 
(サークル参加者の新規募集は致しておりません。希望される方は当サークルが運営しております北神戸シルバーバーチ読書会へのご参加をお願いします。)
 
<感想>
●憑依という事実がよくわかりました。霊界の理解の無知というものの恐ろしさを知りました。自分本位にはならず、霊を信じ任せるのが必要なのだということを理解しました。

●私たちは高級霊という、最高の道具である以上、自分のことについて何も心配する必要がないことが分かりました。困難や失敗や辛いことがあっても無事切り抜けられ、霊性の向上進化が得られるという確信が持てました。

●「道具意識に徹すれば、暗い考えをする必要がなくなります」という、すごく分かりやすいこれからのこれからの生きていく秘訣を学べました!!それと、今日は霊界のことをこうして学んで知れたことが、ココロの奥から良いことをしたいという動機になる瞬間を体験しました^^

●自分の進むべき道がぼんやりとし、日常の事に流されるのは霊的真理に沿った生活が出来ていない事に気がつきました。いつ、いかなる時も、道具意識に徹した生き方が出来るように努めたいと思います。ありがとうございました。

●道具意識に徹する事で、前向きに生きる事ができ、取り越し苦労や気負いといったネガティブな感情を持たず、生活できる事を知りました。未来を心配したり、悩む事なく、道具として、一日過ごせたかだけを振り返れば良いちう事を知れば、とても行きやすい人生になると思います。

秋の遠足 兵庫県三田市羽束山ハイキング

さわやかな秋晴れとはいかないまでも、木漏れ日の差す柔らかなお天気で、絶好の登山日よりに恵まれました。
二時間程度の初心者向けの山ですが、メンバー一同 のんびり、秋の空気を楽しみました。

Fc2blog_20161028192508e381

山頂は一枚岩です。岩盤浴が出来そう。

Fc2blog_20161027232805a7a1

土あけび 山頂付近にひっそりと・・・

2016/10/07 サークル定例会

*「シルバーバーチは語る」17章 スピリチュアリズムの第一線で働く人々への励ましのメッセージ インドの活動家へのメッセージ
*資料 ニューズレター4号 スピリチュアリズム実践の神髄”道具意識”(1)
*お知らせ 次回のサークル10/28  13:00~15:00  10/26は秋の遠足(山登り)
<感想>
●今、日本で、スピリチュアリズムを学べる事が幸せであること、自分の霊性を上げ霊主肉従の苦労、苦しみの克服ができ、日々の小さな事にでも、利他愛の実践ができるよう、日々努めていきたいと思います。

●スピリチュアリズムにおける、インドの現状というのを勉強させていただき 驚きのあまりです。道具意識として、4つの実践「霊主肉従」「苦しみの克服」「利他愛の実践」「瞑想・祈り」を意識するようにしたいと思います。

●利他愛の実践が一番尊く霊性を上げるのはこれだけ!!ときけ、でも私の職場でのキツくいってくる人との関わりはどうしたらいいか、心で考えていたら、みなさんとの会話から、その人が困ったら助けてあげたらいい、とわかって悩みが解決でう。このお話を聞いたりしてるから、そんなキツい人でもSOSを出してきたら、あたたかくしてあげる自信あります!!!

●日常生活を迷っていると、つい自分が得する事に気持ちがいってしまいがちですが、、シルバーバーチの学びを通して謙虚さと高級霊の道具である、という意識を常に持つことが大切だとわかりました。道具意識を持つことで自己の魂の成長、普及、利他愛を実践して努力したいです。

●自分の人生も、自分の将来も日々の歩みも、自分から決めることではなくなると、とても受動的で謙虚な気持ちになれます。日々、あれこれと心配しなくなるので、とても心地よいです。全ての人に教えたい気持ちでいっぱいになります。

2016/09/23 サークル定例会

*シルバーバーチは語る  スピリチュアリズムの第一線で働く人々への励ましのメッセージp280~p282
*資料 ニューズレター4号 スピリチュアリズムにおける瞑想・祈り(4)
*お知らせ 次回のサークル 10/7 13:00~15:00 
<今日の学び>
遭遇する困難がいかなるものであろうと、行く手を遮ろうとする障害がいかなるものであろうと、それによって大霊の計画が阻止されることはありませんし、大霊のために働いている地上界と霊界の援助者の士気を挫くこともあり得ません。 「シルバーバーチは語る P280」

私たちはやっと芽が出たばかりの種子のような小さなサークルですが、シルバーバーチの言葉に全幅の信頼を置いて、人間としてたくましく成長していこうと思います。

2016/09/09 サークル定例会と次回のお知らせ

*資料 ニューズレター4号 スピリチュアリズムにおける瞑想・祈り(3)
*お知らせ 次回のサークル   9/23  13:00~15:00 

<学習のポイント>
○神と霊界からの愛(縦の愛)と人間関係からの愛(横の愛)
人間の愛だけを重要視していると、不満足感を感じる
縦の愛を感じ一番に求め、優先させる生き方をする

○瞑想の注意点
よこしまな動機から瞑想しない神に語りかける

読書会のお誘い

日時:2016年9月16日(金)10:00~12:00
 
●場所: 神戸市 北区民センター4階 和室

●持ち物:シルバーバーチの教え(上) スピリチュアリズム入門 筆記用具

●参加費:無料

●読書会プログラム
1)開会の祈りと瞑想

2)勉強会
シルバーバーチの教え「第一章通信霊シルバーバーチについて」
スピリチュアリズム入門「人間の構造と霊魂観1」

3)感想

4)閉会の祈り


参加される方は事前にメールにて
お知らせ下さい。
メールアドレス  chiririn9683@gmail.com

スピリチュアリズムから食を考える

ぷちサークル臨時企画 スピリチュアリズムから食を考える会
山登り後、自然食について勉強します。 2016/9/2   10:30~ 持ち物:特になし 

2016 7/15 読書会記録

*資料 ニューズレター4号 スピリチュアリズムにおける瞑想・祈り(2)
*お知らせ 次回のサークル   9/9  13:00~15:00 9/23  8月はお休みします。
<感想>
●今日は祈りにおいての意識レベルの上げ方、段階、実践方法、などを学びました。祈りにはいろいろな方法、やり方があり、個々によって向き、不向きがあります。自分にとってどれが合っているのか、日々の生活で見つけたいと思います。祈りの重要性を再認識した勉強会でした。

●夏休みの宿題として、毎日祈りとシルバーバーチの霊訓を読むことを課したいと思います。少しでも霊的意識を感じられたらいいな、と思います。

●今日は祈りの2回目の勉強をさせて頂きました。自分の霊性を少しでも高めるため毎日10分以上霊訓を読み正しい意識を基にして自分の霊的意識レベルを常に上げていけるようにしていきたいと思います。ありがとうございました。

●今日は祈りの具体的な部分を沢山知ることが出来ました。そして、ちょっとだけ知っている知識が実はとても危ないものだったということも知りました。読書会に参加してこそです。そして、もっと上手く書けないけど沢山知れて、あれもこれも今までの知っていることと繋がりびっくりしています。「正しい祈りの内容」の中にとてもぴったりなのが見つかったので、今日からまずそれを祈っていきたいです。

●無理には祈らず、シルバーバーチの霊訓を読むこの段階から始めます。自分に合った瞑想法を見つけ、魂の成長を促し、神と触れあう祈りhが出来るよう努力したいです。

2016 7/8 読書会記録

使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第8章 祈りの効用P137~P141
*参考資料 ニューズレター4号 スピリチュアリズムにおける瞑想・祈り(1)

*お知らせ 次回のサークル読書会   7/15  13:00~15:00 9/9  9/23  8月はお休みします。
<参加者の感想>
●願い事は無意味だったのですね。というか、どこかで感じていたからシルバーバーチへと進めたんだな、と思いました。日々(今日も午前中)ムカつくことがおこるけど、そこで、試されている、と立ち止まれています。お勉強して、心の底から自然に祈れるような、人になりたいと思えました。

●今日は瞑想・祈りについて学びました。日常生活をあわただしく送っていて、なかなか瞑想や祈りをする時間を持てずにいますが、今回勉強して重要性を知り、祈りの時間を作りたいと思います。人のために祈り、神に少しでも近づきたいと思います。

●祈りとは、大霊に近づくため、自己を引き上げるための魂の成長を促すものと理解できました。日常生活上でも祈りを実践できるように心がけたいです。

●祈りの重要性と必要性がよくわかりました。祈りとは大霊に近づかんとする魂の願望であり、より多くの恩寵を授かるための魂の活動なので、毎日わずかな時間でも祈りたいと思います。

●祈りとは、大霊に近づかんとする魂の願望であり、自己の大霊を顕現せんとする願望であるということ、本当の進化ができるよう、日々努力していきたいと思います。

2016 6/17 読書会記録

使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第8章 祈りの効用P132~P137
*参考資料 ニューズレター13号完全から遥かに遠い惑星地球と地球人類(7)

*お知らせ 次回のサークル読書会   7/8  7/15  13:00~15:00 8月はお休みします。
<参加者の感想>
●祈るということが、とても大切だとは思ってもみなかったことです。しかも他の人のために祈ることによって霊側との結束を固めることになるとは。祈る習慣がなかったので考えさせられました。

●今日は祈りについて勉強しました。スピリチュアリズムにとって祈りとは自我を顕現せんとする行為であり心を開く行為であり霊側との結束を固めることになり、真の祈りは霊性をも高める行為であるので「人のために」と真摯な祈りが出来るようにしたいと思います。

●今日は祈りについて学びました。祈りというと、自分の願望や物質的な願いを叶えてもらう事と思いがちですが祈りの言葉はたった一つ「私を人のために役立てる方法を教え給え」とても難しい事だと思いますが、いつか心から人のために祈れる様になりたいと思います。

●祈りの内容に違いがあることがわかったし、これからは「なにとぞ私を人のために役立てる方法を教え給え」と、起きたときや呼吸法をしているときや、寝るときに心で言って本当にそんな人になって生きていきたいです。「自分のことは守護霊さまがどうにかしてくれる」と、さりげなく聞けて、ものすごく心が嬉しくありがとうございます。

●大霊のため、そして大霊の子らのために一身を捧げたい」そう祈れる様に、日々の生活で霊主肉従を心がけたいと思いました。

2016 6/3 読書会記録

使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第23章 さまざまな疑問に答えるP437~P443
*参考資料 ニューズレター13号完全から遥かに遠い惑星地球と地球人類(6)
*お知らせ 次回のサークル読書会    6/17 7/8 7/15  13:00~15:00 8月はお休みします。
<参加者の感想>
●私たちはスピリチュアリズムの到来によって霊的真理を与えられました。しかし、霊主肉従とはほど遠い世界となっております。これから
どれほどの年月が必要で地球全体が霊主肉従の状態に進化できるか、気が遠くなりそうですが、今世で学べる事は精いっぱい努力したいと思います。
●スピリチュアリズムに出会えて良かったな、と思いました。まだまだ条件付きですが、必要なものが買えたら、お金や物質は脇役、目に見えない心などが大事だと思います。辛いことが起こったら「霊性を上げるチャンス」と思っていっぱい考えてみます。

●多くの人々が何よりも価値がある、と思っている物質やお金が重要性を持たず単なる霊の脇役にしか過ぎないということがわかりました。しかし、この物質社会で翻弄されずに生きることはむずかしいです。霊的真理にしがみついて霊優位の生活を送れるように頑張ります。

●スピリチュアリズムが地球上に普及するためには、霊主肉従の状態に進化していけるよう、私自身ができる事は霊優位、霊主肉従の生活をしていく事により、少しでも霊性を上げていけるよう努力したいと思います。

●生まれた時から物的、自己主義で育って、霊的に全く無知のまま過ごした私にとって、シルバーバーチ、霊的真理というものは驚きの世界でした。全ての行動が霊主肉従になるようには、まだまだ遠い世界です。

2016 5/27 読書会記録

使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第23章 さまざまな疑問に答えるP434~P437
*参考資料 ニューズレター13号完全から遥かに遠い惑星地球と地球人類(5)
*お知らせ 次回のサークル読書会  6/3  6/17 7/8 7/15  13:00~15:00
<参加者の感想>
●地球では戦争、飢え、貧困など、問題を抱えていて、皆がのぞむような平和な世界を実現するのは不可能である気がします。ですが、スピリチュアリズムにはそういった問題の唯一の解決方法であることを知り、自らも、もっと勉強して周囲に広めることができるようになりたいです。一日でも早く地球人類が霊性進化を実現できる様になることを望みます。
●地球生活では、肉主霊従 物的主義、利己主義であるがゆえに、霊性が低いのだということがよくわかりました。また誤った考えが病気を引き起こすことも。

●病気は本質的には魂と意思が争った結果ですから、霊的な面と精神的な面の努力なしでは、無くならないことがわかりました。病気が自分自身の重大な欠点を教えてくれることもわかりました。

●霊的真理を学ばせて頂く中で常に人のため、自分の我を捨てて霊界の導き通りに真っ直ぐに進んでいけるよう霊主肉従で生活できるよう努力したいと思います。

2016/5/13 読書会記録

使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第23章 さまざまな疑問に答えるP431~P434
*参考資料 ニューズレター13号完全から遥かに遠い惑星地球と地球人類(4)
*お知らせ 次回のサークル読書会  5/27  6/17 7/8 7/15  13:00~15:00
<参加者の感想>
●シルバーバーチは意識のない物体でもオーラを出していて、人間から出るオーラはその身体の状態を反映していると述べております。その人の秘密が全て分かるわけですから、悪い思念を持ってはいけないな、と思いました。
●魂のある位置、空間、感覚というものが想像できたような気がします。オーラというものは物体のエネルギーとは違うようで、よく分かりませんでした。

●霊的真理の勉強をしていなければ知らないままでいたことを今日も学ばせて頂きました。魂のことや、オーラや超越界のことについて自分の霊性を少しでも上げられるよう日々努力していきたいと思います。

●今日はオーラについて学びました。試しにオーラを見る練習も行いました。僅かではありますが、ぼんやりとそれらしき物を見ることができました。全てのものにはオーラがある、現実に見えている物が全てではない、霊の世界も同じだと思います。

2016/4/22 読書会記録

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第23章 さまざまな疑問に答えるP421~P424
*参考資料 ニューズレター13号完全から遥かに遠い惑星地球と地球人類(3)
*お知らせ 次回のサークル読書会  5/13  5/27  6/3  6/17  13:00~15:00

 通常読書会は任意の金曜・・・メールにてお問い合わせ下さい。個別に対応します。
<参加者の感想>
●今週、前に言っていたところ。はっきりとやめてきました!同時に、今週、シルバーバーチのお勉強をしていなかったら不必要に悩んでみせなければならないようなことが起こっていました。良かったです。地球自体が低い、ということは、初めての感覚だけど、いい意味で謙虚になれます。自分でわかる価値観は狭いということもです。

●隠れた能力を発揮させるには、催眠療法などに頼るのではなく、日常生活での高潔な心がけと滅私の行いによって霊性を高めるのが良いということがわかりました。

●指導霊が霊的にも物質的にも役に立つ人物を求め、コンタクトしたがっていると知り、自分も微力ながら手伝いができるように、霊的真理についてさらに学んで行きたいと思います。僅かでも、この世の役に立てる様になる事が望みです。

●指導霊と守護霊の違いがわかりました。霊的成長に近道はなく、慎重な養成とゆっくりとした成長を肝に銘じます。 地球が闇ということに驚きました。太陽光に当たっていただけだったのですね。

●霊性を少しでも高めていけるように日常生活で高潔な心がけと滅私の行いによってバイブレーションを高め神性が発揮できるよう生活していきたいと思います。

2016/4/8 読書会記録

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第23章 さまざまな疑問に答えるP415~P417
*参考資料 ニューズレター13号完全から遥かに遠い惑星地球と地球人類(2)
*お知らせ 次回のサークル読書会  4/22  5/13  5/27  13:00~15:00
         通常読書会は任意の金曜・・・メールにてお問い合わせ下さい。

<参加者の感想>
●前に行っていたお勉強のところの会費をお世話の人に気を使ってやめていません。「払っていれば救われる」というところから卒業したいし、まだやめないということは、払っていれば何かの時に運良く救われるかも・・みたいな部分を残すことになるし・・。今日はお話しを聞きながら、やっぱりやめたいな、と思いました。というより、やめないということは、本当にこのお勉強身についていないっていうことですよね!!

●動物実験について、人を助けるためという純粋な思いでも摂理に反している事、人の病気を助けることに大霊の摂理が働くので、人間が動物を実験に使ったり殺したりしてはいけないという事、正しい事を知らないと自分が過ちを犯していることに気づかず生活してしまいますが、しっかりと勉強し生きていきたいと思います。

●動物実験に関しては身近には感じていなかったので考えが及ばなかったのですが、薬など流通しているものはたくさんあるので気を付けたいと思いました。地球に生まれた以上同じ低いレベルの人間が霊格を上げようと努力して生きていることを肝に銘じます。

●医療の発展のために動物実験は必要かと思いましたが大きな間違いだとわかりました。動物と人間が命を奪うことなく共存できる世界になることを望みます。地球は霊性の低い暗黒の地ですが少しでも霊性の上がるような生き方ができるように努力したいです。

●動物実験が益々増えていますが、摂理に反した方法からは正しい治療法は生まれないとシルバーバーチは断言しています。これ以上動物実験はしないでほしいです。

2016/3/18 読書会記録

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第23章 さまざまな疑問に答えるP406~P414
*お知らせ 次回のサークル読書会  4/8, 4/22   13:00~15:00  
        通常読書会は任意の金曜・・・メールにてお問い合わせ下さい。
<参加者の感想>
●大霊の摂理は完璧であるという事、私たち人間がどう動こうがそれを変えることはできません。その時の「動機は何か?」という事が最も大切なことなので正しく進んで行きたいと思います。

●生まれてくるということは、カルマの解消という目的があり、人間の勝手な判断で途中で中断するのは許されないことだと知りました。死すべき時が来れば必ず死ぬという摂理があるのだから、寿命を全うすることが大切だと学びました。

●シルバーバーチが言うように、すべてのことに動機が問われ、摂理はごまかすことが出来ません。生命の原理も変えることが出来ません。霊の存在や生命の原理を無視した医療は間違えだらけです。神の摂理に沿って生きることが、人間の最大の目標であることがわかりました。

●自分の行動選択はすべて動機が基準、摂理が全体ということを理解しました。身近な題材での話は理解力が深くなります。

2016/3/4 読書会記録

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第11章 進化の土壌としての地上生活P204~P207
*参考資料 ニューズレター13号完全から遥かに遠い惑星地球と地球人類(1)
 
*お知らせ 次回のサークル読書会3/18   4/8  4/22   13:00~15:00

         通常読書会は任意の金曜・・・メールにてお問い合わせ下さい。

<参加者の感想>
●進化の土壌としての地上生活の勉強をさせていただきました。地上界にせよ霊界にせよ魂はありとあらゆる体験を積まねばならないようになっているとのこと、いかなる体験にも必ず学ぶべきものがあるということ、苦難に立ち向かい少しでも霊性を上げれる努力をしたいと思います。ありがとうございました。

●今日は質問させてもらってありがとうございます!!とにかくすごく繋がったし私はここにお勉強にこれて良かったと思います^^

●今精神病棟で苦しんでいる人たちが霊を認めることで病気が回復したら良いのにと思います。霊的知識を広めることを唯一の使命にしたいです。

●死ぬゆく子供が大霊の戒めを学ぶために償いをすることがわかりました。罪の償いは祈りなどでは解消できず、簡単にはできないというのは厳しいと思いますが、体験を通して長い時間をかけて成長したいと思います。

●魂はあらゆる体験をして学ぶもの、苦悶と病苦と悲哀を通して覚醒するものと自覚しました。

2016/2/19 読書会記録

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第11章 進化の土壌としての地上生活P200~P204

*お知らせ 次回のサークル読書会3/4, 3/18 13:00~15:00

         通常読書会は任意の金曜・・・メールにてお問い合わせ下さい。

<参加者の感想>
●価値あること、成就するに値するものほど達成するのが難しいことがわかりました。霊的知識を広めるための心構えができたように感じます。

●地球より劣っている天体が火星ということに驚きました。価値あることを達成させるのは難しいこと、人間形成をする上でも立ち向かいたいと思います。

●天災の犠牲になったり産まれてすぐに亡くなる子供がいることに不条理を感じていましたが、我々では理解できない摂理、法則が働いていることがわかりました。地球が最下層の星であったことはショックですが、少しでも霊性を上げる様に日々努力したいと思います。

●自然災害が起こることは、私たちが直接関係することなく、大自然の摂理法則が働いているということ、大きな視野で物事を見て生活し、霊性を少しでも上げれるように努力したいと思います。

2106/2/5 読書会記録

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第11章 進化の土壌としての地上生活P195~P200
*参考資料 ニューズレター28号人間の霊的成長を支配する神の摂理(法則)まとめ
 
*お知らせ 次回のサークル読書会2/19 13:00~15:00

         通常読書会は任意の金曜・・・メールにてお問い合わせ下さい。

<参加者の感想>
●日常生活を送る上で正しい霊的知識に基づいた生き方をするために必要なこと。霊主肉従の努力、利他愛の実践、苦しみに正しく対処することの大切さをあらためて考えさせられました。自分にとって苦しみや困難な出来事も神の視点からは悪いことではないと言うことを理解できれば最高の生き方ができると思います。

●今日は動物の因果律や摂理について学べ、広い視野に立つことが、色々わかりました。あと、日常生活の中で自分自身何ができるか、何をすべきかについて、知識があれば良いですが。自分のできることを真っ直ぐに進んでいきたいと思います。ありがとうございました。

●プリントのまとめがすごくわかりやすかったです。目につくところに貼ります。肉は食べないんですが、魚はいただけたら食べますがいいのでしょうか??先日娘のことで、ほんとイヤなことがありましたが、私の心はまったく大丈夫です。「こうかな?」と思うと答えっぽいものが浮かんできます^^

●人間の自由意思で地上界を素晴らしい天国にすることができるのに、今の地上はほこりだらけです。スピリチュアリズムを広めることで、一歩づつ地球を天国にしていけたらと思いました。

●摂理に関しては大分自分の中に入ってきました。摂理に一致さえしていれば、何一つ悪いことは生じないということを心して生活していこうと思います。因果律に関しては、まだまだわかりません。本の質疑応答の部分もわかりにくいです。

2016/1/22 読書会記録

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第11章 進化の土壌としての地上生活P190~P194
*参考資料 ニューズレター28
号人間の霊的成長を支配する神の摂理(法則)(8

*お知らせ 次回のサークル読書会は2/5、2/19です。
         読書会は任意の金曜・・・メールにてお問い合わせ下さい。

<参加者の感想>
●日常生活で苦難 困難は避けたいと思いがちですが、多くの苦労を体験し、高いハードルを乗り越えることによって多くの霊的成長がもたらされるという法則は、生きていく上で救いとなります。光の部分を深く知るために困難という陰の部分を知らなくてはならないということを理解できました。

●「命より霊が大事」と聞いて今まで悩んだりしていたことが、「悩む必要がなくなるやん!」と衝撃でした。メンバーが「病気はいいねん」と普通に言うのも、このことがすごくわかっているからだし衝撃でした。いい意味の衝撃です^^

●進化の土壌としての地上生活の2回目の勉強をさせていただきました。物的基準で世の中をみると、不公平だらけに見えますが、体験の価値は魂の琴線に触れるか否かに掛かっており、苦難の中にある時こそ霊性が磨かれます。全ては魂の肥やしであり、自分の霊性を上げる苦難の法則だということ、この考えできることに感謝して生活したいと思います。

●葛藤や困難、苦難は霊的成長を促すものだと学びました。あえて苦労を買って出るのは難しいですが、向こうからやってきたら乗り越えるように努力したいと思います。

●大霊の摂理はあくまでも魂の進化を大前提として機能しているので、地上的な尺度ではなく、永遠の叡智を尺度とすることがわかりました。この世の価値観はどうでも良いとさえ思いました。

2016/1/15 読書会記録

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第11章 進化の土壌としての地上生活P184~P189
*参考資料 ニューズレター28
号人間の霊的成長を支配する神の摂理(法則)(7) 

 
*お知らせ 次回のサークル読書会
は1/22です。
         読書会は任意の金曜・・・メールにてお問い合わせ下さい。

<参加者の感想>
●人生を歩む上で、いろんな事が起こりますが、それらは全て魂の進化にとっては掛け替えのない貴重な体験であるということ、霊的な成長をするために、自分の今いる環境にいながら、自己犠牲をし、自分のできる事をしていきたいと思います。

●地上的体験で、ネガティブな体験を避けたいと考えてしまいますが、t魂の進化にとっては掛け替えのない貴重な体験だとわかりました。逆境や悲しみの中でこそ魂が強化されるという事実は生きていく上で励みになります。地上生活の学びを進め、少しでも高い階層に移れるよう、努力したいと思います。

●私の存在の目的って何かな。よく考えたことないです。しばらく考えてみます。ちょっと、いや、だいぶ嬉しくなってきました。時々自分の嫌なところが出るのですが、今日は「カルマの消化だな」、と初めて思えました。そのことを考えると、得体のしれない暗闇みたいな憂鬱が、私にも「私の存在の目的」という考えに繋げていったりすると、何か今日はすごい希望を持ちました。

●宇宙の原則では、お終いという終着点はない。ということを理解できました。大自然の摂理に反するものを捨て、霊性の進化を続けていこうと思います。

●「逆境の中にあった時こそ性格が試され、悲哀の中にあった時こそ魂が強化されていたことを知る」と、シルバーバーチの言葉ですが、嫌なことがあった時、悪い態度をとりがちなので、改めようと思いました。

2015/12/18 読書会記録

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第5章 絶対的摂理の存在P99~P101
*参考資料 ニューズレター28
号人間の霊的成長を支配する神の摂理(法則)(6) 

 
*お知らせ 次回のサークル読書会
は1/15 ,1/22です。
         通常の読書会は任意の金曜・・・メールにてお問い合わせ下さい。

<参加者の感想>
●シルバーバーチは「地上人類がさらに進化すれば そうした間違った欲望は消滅するでしょう。」と述べていますが、私の食生活は間違いだらけなので、正しい食生活を心がけようと思いました。

●地上の全ての生命には、大霊によって食すべきものが平等に与えられています。人間も宇宙のあらゆる生命が神の計画の一部を担っているということを しっかりと思い、日々生活したいと思います。

●日常の食事において、命を奪っているという自覚がありませんでした。生命は大霊のものであり、神の計画の一部であることを忘れないようにしたいです。因果の法則は自ら招いたものが降りかかっていることを知れば、不公平や不平等を声にする人々も救われるのに、と思います。

●「カルマだから周りを変えようとしない、なるべくしてなっている必然的な結果」ということを、今、直面している問題にあてはめて、毎日思い出して、霊性が上がるチャンスにするくらい、明るく対応したいと思いました。

●間違った人間の欲望が、社会を歪ませ不幸をもたらしていたということが何となく実感できました。

2015/12/4 読書会記録

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第5章 絶対的摂理の存在P96~P99
*参考資料 ニューズレター28
号人間の霊的成長を支配する神の摂理(法則)(5) 

 
*お知らせ 次回のサークル読書会12/18 13:00~15:00
翌年は1/15 ,1/22です。
         通常の読書会は任意の金曜・・・メールにてお問い合わせ下さい。

<参加者の感想>
●悲しいこと、腹が立つこと、困難、苦痛、全てが霊性進化の肥やしになる、ということを知ったので、自分に起こる全てのことに感謝したくなりました。

●困難も苦痛も陰も日向も喜びも悲しみも、日常生活全てが、霊的成長をもたらしていることを理解しました。

●困難も不幸も霊的生長のためには必要であり、苦しみの中から何を学び糧としていくのが大切かということが分りました。宇宙と霊界は、原因と結果の法則に支配されており、いかに霊主肉従の生活を送ることが重要かということが理解できました。

●どんなに何が起こっても霊性を上げるチャンスだと思って、落ち着いて考えたり行動したりしていきたいです!!知ることができて嬉しいです。

●今日も絶対摂理の存在を学びました。摂理は完璧でいかなる体験も摂理が働き、無駄なものはないということ、いろんなことをプラスに考え、霊性を少しでも上げれるように、日々生活をしたいと思います。ありがとうございます。

2015/11/20 読書会記録

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第5章 絶対的摂理の存在P91~P96
*参考資料 ニューズレター28
号人間の霊的成長を支配する神の摂理(法則)(4)  人間は永遠に生きる(大空澄人様より寄贈)

 
*お知らせ 次回のサークル読書会12/4 13:30~15:30
12月は第1、第3金曜日です。
         通常の読書会は任意の金曜・・・メールにてお問い合わせ下さい。

<参加者の感想>
●人間の霊的進化の道を歩むことにおいて、自由意志が与えられていることに驚きました。光と闇、善と悪、どちらを選択するかはそれぞれの自由だということです。神の愛ではあるが、ある意味厳しいことだと思います。大霊の定めた摂理の範囲内で律しないといけないからです。

●自由意志が与えられようとも摂理に反した行いは代償を払うということを肝に銘じます。摂理が全てなのだと思います。

●自由意志を人間に与えられているものの何事も摂理に則って計画し、それに反することのないようにしなければならないという認識がないと霊性の進化は得られないということが良くわかりました。愛と奉仕で霊的資質を発揮させていきたいです。

●霊的真理の勉強をさせて頂き大霊の摂理を知ることにより調和した生活ができるように、また、摂理に従って正しい方向に進めるよう、日々生活していきたいと思います。ありがとうございます。

●魂の痛みのどん底にまで落ちると霊的に目覚め自動的に摂理の方向にむかうようになる、と書いてあって、どん底とは、どこかわからないけど、自動的に摂理の方向に向かっている自分だったらいいな、と自分自身を楽観しました。

2015/11/6 読書会記録

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第5章 絶対的摂理の存在P87~P91
*参考資料 ニューズレター28
号人間の霊的成長を支配する神の摂理(法則)(3) 
*お知らせ 次回のサークル読書会11/20 12:30~14:30
12月は第1、第3金曜日です。
         通常の読書会は任意の金曜・・・メールにてお問い合わせ下さい。

<参加者の感想>
●宇宙は利他性---利他性の実践によって。宇宙・霊界と一体化し、調和状態になる--ということは、そうでない、利他愛を全然しない毎日は、宇宙と全然調和していない状態なんやなあ、と、知り驚きです。
利他愛することは、とても勇気をふりしぼって、しんどい状態のイメージだったけど、もしかして、利他愛をたくさん意識できれば、生きごこちよく、スムーズな毎日で楽なのかなあ、と思いました。

●きょう学んだ利他愛行為の実践は肉の体を持ち日常生活を送る私たちには大変難しいと思います。常に自分の行動が正しいか問いかけ霊主肉従の心を持っているか考えながら行動していきたいと思います。常に大霊から見守られ私たちの霊的成長も望まれていることを忘れないように生活していきたいと思います。

●今日も絶対的摂理の存在について学びました。神の摂理は完璧であり、いかにごまかそうとしても不可能であり、地上的な喜びは、一時のものにすぎず、常に霊の目で見ていかなければいけないということ、又霊性が発達するのは日常生活で生じる問題をいかに解いていくか、特別なことをするのではなく、私が今できる最大の事だと思うので、日々精進していきたいと思います。生きている限り利他愛を施せるよう努力したいです。ありがとうございました。

●完璧な摂理のもと、大霊の見守りにおいて私たちが生かされているので、霊性の向上のみを考え行動し利他愛に励むよう努力するしだいです。

●霊性が発達するのは日常生活で生じる問題をいかに解いていくかという努力をしているとき、ということですが、私も日々の生活で利他愛を発揮できるよう、降りかかる問題をいやなものと、捉えずに前向きに努力しておこうと思います。

●ありがとうございました。ホ・オポノポノとシルバーバーチとの違いとかは、これから少しずつ学んでいきます。

2015/10/15

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第5章 絶対的摂理の存在
*参考資料 ニューズレター28
号人間の霊的成長を支配する神の摂理(法則)(3) 
*お知らせ 次回の読書会は11/6  10:00~12:00  
                      サークル12:30~14:30
11月は第1、第3金曜日です。
<参加者の感想>
●霊主肉従(霊優位)の生活をひたすら続け自分の自己中心的な心を反省することで価値のある霊界 の道具として使っていただけるよう霊的成長を果たしていきたいと思います。一日10分 の祈りの時間を持ち、心を引き上げていきたいです。

●質素で無欲、清らかな毎日を送るためにも肉を落とし霊性を高めるよう努力の日常を送ろうと思います。近所に山があるので、今日は山を歩いてきましたが、自然の中を無欲にひたすら歩くという行為は清らかです。

霊主肉従の生活ができるように自分の霊性を上げ、日々生活していく事の大切さ、また、努力の必要性を感じました。本能的欲望に流されない生き方、本能の奴隷にならない生き方をしたいと思います。

●日々の生活で物欲や快楽に流れがちですが、今日の勉強会で霊主肉従の法則の大切さを知りました。本来の正しい道である霊全体の生き方を目指すため常に自分の言動が正しいのか問いかけていきたいと思います。

サークル名称変更

2015年10月 サークル名を シルバーバーチ神戸北ぷちサークル に変更しました。

私たちは1年を通して、読書会という学びの場で霊的知識を深めてまいりました。
この過程で、私たちが理解したことは、霊界主導の救済プロジェクトの地上の道具として役立てることこそ真の生きる意味であり、私たちに課せられた使命である、ということでした。
短い期間ではありますが、自己の意識改革をするには充分な時間と体験を各々に与えられたことに感謝し、これからも、ひたすら霊界の道具として己を役立たせるために、更なる向上のあゆみが与えられるよう、大霊に祈りを捧げます。

2015/10/2 読書会記録

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第5章 絶対的摂理の存在P81~P87
*参考資料 ニューズレター28
号人間の霊的成長を支配する神の摂理(法則)(2) 
*お知らせ 次回の読書会は10/16 12:30~。秋のぷち遠足,当日9時から六甲山に登ります。11月は第1、第3金曜日です。
<参加者の感想>
●大霊は無限の存在であり人間はその一部である事、日常生活ではなかなか実感することができませんが自分の中に宿る神性を自覚して迷うことのない信念を持てば、自分の中の大霊を自覚する時が来ると思います。不安や恐怖に足を取られる事なく進化向上を目指していきたいです。

●2回目の参加です。参加するようになって「生きやすくなったか」という質問で「生きやすくなってるわ!」と感じれました。無条件に信じていたもののうち、よく考えたら 縛られなくてもいいな、と気付くものが日々あり、生きやすくなっています!一回に1つづつ 理性的認識、知的認識を増やして、心が軽くなった分、人のために生きる時間を作りたいです。

●今日は絶対摂理の存在の2回目の勉強をさせて頂きました。摂理に順応した生活を送っていれば望み通りの結果が生じるという事、これを信じて人の為になる生活を日々送っていまなければと思います。霊的成長が停滞させられる事なく、日々のバイブレーションを上げていく事の大切さを、さらに感じさせて頂きました。ありがといございます。

●自分は大霊なのだ、地上の出来事で動揺しない、不安に思う必要がない、という言葉に生き方が楽になり、自分を受け止められ心配がない分他に奉仕が出来るようになればと思います。霊が永遠に進化するということは、見えない永遠の宇宙のようである。

●霊的知識を知ることで随分と生きやすくなりました。摂理に沿う生活をしていれば何も不安がることはないと理解ったからです。理性に基づく信仰があると心に平安がもたらされます。他の人にもその知識を分けてあげたいです。

2015/9/18 読書会記録

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第5章 絶対的摂理の存在P76~P81
*参考資料 ニューズレター28
号人間の霊的成長を支配する神の摂理(法則)(1) 
*お知らせ 次回の読書会は10/2 12:30~です。10月は第1、第3金曜日です。
<参加者の感想>
●新しいメンバーも増え、さらに充実した読書会になったと思います。神の摂理を知ることで、神を都合の良いイメージを作り出すのではなく、人間側が摂理に沿うよう努力するようになるので、もっと摂理についての理解を深めようと思いました。

●摂理 法則  一言で言えば簡単ですが、深く理解するには努力が必要です。正しいことをすれば自然法則と調和するという言葉に 心しみました。

●今日は絶対摂理の存在の勉強をさせて頂きました。私自身が大霊の一部であるということ、これからの生き方が無心に人のためにという生き方をすることを常に考え、行動していきたいと思います。

●大霊はすべてに平等、というのは、メンバーが私に「つめたいよねー」と言ってくれたと思っています。が、すごくすごく大霊は温かいなと感じでいましたので安心してください。すごくわかりやすかったです!シルバーバーチの考え方をもっと知りたいと思っています。

2015/9/4 読書会記録

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第3章 地球浄化の大事業P61~P64
*参考資料 ニューズレター22
号 スピリチュアリズム普及のために一身を捧げましょう(2) 
*お知らせ 次回の読書会は9/18です。10月は第1、第3金曜日です。
<参加者の感想>
●私にとって2ヶ月ぶりの勉強会でした。日常生活ではまだまだ身に付いていないもので、久しぶりに心しまるものがありました。魂が真理に目覚めて感動するには、時機があるということには実感です。「自分を犠牲にする覚悟のできていない人間に、いい仕事はできません」という言葉には感銘を受け心していく次第です。

●地球浄化の大事業はゆっくりと進められるもので、革命のように突如起こるものではないことがわかりました。人の霊的成長もゆっくりと少しずつですが確実に進歩できるようあせらず着実に霊的なものへの理解を深めていきたいと思います。

●地球浄化の大事業の4回目の勉強をさせて頂きました。この霊的摂理は、大きく宣伝をして人に伝えるのではなく、人から人へ、時期の来た人に伝えるということに意味があること、自分を後回しにして"自己犠牲"するという本当の意味をしっかりと自分の中でふるいにかけ、正しい道に進めるよう生活していきたいと思います。久しぶりの勉強会で気持ちを新たにスピリチュアリズムのために、人生を捧げる思いで生活したいと思います。ありがとうございます。

●ボランティア等、人に奉仕する場合真実の利他愛か、自己犠牲をともなっているか、自分に問いかけてみる必要があると感じました。口先だけでシルバーバーチを口にするのではなく覚悟と信念をしっかりと持ち行動する必要があると感じました。道具として使っていただける様になるために、利己的な考えは捨てて、利他愛と自己犠牲の精神を忘れないように行動していきたいと思います。

2015/7/3 読書会記録

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第3章 地球浄化の大事業P57~P61
*参考資料 ニューズレター22
号 スピリチュアリズム普及のために一身を捧げましょう(1) 
*お知らせ 次回の読書会は7/17です。8月は閉会 9月は第1、第3金曜日です。(7/17は警報のため中止になりました。次回は9/4です。)

<参加者の感想>
●「より多くの人々の幸せのために自分を犠牲にするところにマイナスの結果が生じることは決してありません。」人のためによかれと思ってした事が、逆に迷惑になる事もあり、そのあたりが難しいですが、それも自分の霊性を上げるためには鍛錬が必要だと実感しました。人のためにさせて頂くと大きな霊的恵みと喜びが神と宇宙から返ってくるようになる・・・・小さい事から意識してやっていこうと思います。

●私たちは、地球浄化の大事業に参加している霊界の道具なんだと改めて思い、身が引き締まる気分です。霊的真理を手にしたということは、この世では比べられない、比類なき宝を得たことになります。宝を与えられたことを最高に幸せに思います。

●今日は地球浄化の大事業の3回目の勉強をさせて頂きました。摂理の完璧さにただただ驚くばかりですが、霊的知識を自覚したからこそ、立派な生き方ができるという事、人のために役立てる生き方に少しずつ近づいていけるよう、日々努力したいと思います。

●祈りの言葉が、「私を人のために役立てる方法を教えて下さい。」という言葉一つのみ、というのに、心動かされました。自分や家族の利益を優先するのではなく、どれだけ滅私奉公的な生き方ができるか日々の生活の中で努力していきたいです。一身を捧げる覚悟を持てるように真理を学んで行きたいと思います。

2015/6/19 読書会記録

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第3章 地球浄化の大事業P49~P57
* ディスカッション 指針にしている霊的真理について(意見交換)

*お知らせ 次回の読書会は7/3、7/19です。8月は休会。9月第1、第3金曜日です。
<参加者の感想>
●今日は地球浄化の大事業の3回目の勉強をさせて頂きました。摂理に忠実に生きさえすれば大霊の恵みをふんだんに受けることができるということ、日々生活する一つ一つの事に人のためになる事を意識して生活していきたいと思います。

●大霊が人間に愛情を持った目で見つめ 霊的真理を学び、実行できるか考えて下さっている事が分かりました。日常の生活の中で霊的真理に沿った行動をして、あらゆる仕事を行う上で大霊の資質を発揮できる様にしたいです。

●摂理に適った生き方にしようとあがいている最中です。人間の地上での目的は神の目から見て正しいことを選択できる霊性を身に付けることだということがわかりました。それには絶えず日常生活の隅々まで注意することが大切なので、頑張りたいです。

●大霊からの真理、自由、摂理を理解するのには まだまだ のようです。せめて、人のためになるよう努力するしだいです。

●最後の「魂の奥にある大霊の資質を発揮させる仕事」に関して興味深く思いました。頭にフッと浮かんだ事は子供の部屋がいくら片付けても散らかる事に対していつも疑問に思っていましたが、「子供は子供なりに自分の大切なものを収納していたのではないか?」と思い(本が好きで沢山あるのですが)本棚を作っておいたら、少し子供なりに収納を考えるようになりました。このような、些細な事でも、人のためにさせて頂くという大切さを改めて痛感しました。

2015/6/5 読書会記録

*使用テキスト [シルバーバーチは語る] 第3章 地球浄化の大事業P46~P49
*参考資料 ニューズレター27
号 皆さんは、誕生前からスピリチュアリズムへの貢献を決意していたのです!(2) 
*お知らせ 次回の読書会は6/19です。7月は第1、第3金曜日です。
<参加者の感想>
●大霊の意図している通りに健康体になれるはずだとは、分かってても現代人には中々難しいことです。少しでも向上して自分自身も変化していこうと思います。

●霊的成長は最も達成困難なものだと知り、その努力が必要なのだと思いました。摂理に逆らわないことが必要なんだと。

●再生後に選んだ人生は「霊界の軍団の一員として人類に貢献しよう」ということだった。そう思うと今まで経験してきたことが全て無駄ではなかったと思います。物質主義や世俗的な事に心をとられる時もありますが、スピリチュアリズム人生を歩んで行きたく思います。今日も勉強になりました。ありがとうございました。

●今日は地球浄化の大事業の2回目の勉強をさせて頂きました。霊的知識を自分のものとし、考え、行動ができるよう、日々生活して行くことが必要であるということ、私たちは本当の意味で祝福を受けられたとのこと、霊的な知識を知ることができただけで幸せだと思います。

«2015/5/29 読書会記録

無料ブログはココログ